フィリピン留学・セブ留学ならプラ(PRA) | LSLC学校紹介 | 学校ブログ一覧

フィリピン留学/LSLCのブログ - 6月12日の祝日とフィリピンの国旗!

2013/06/05

6月12日(水)はIndependence Day(フィリピンの祝日)のため学校がお休みです
この分の振替授業はありませんのでご了承ください。

現在ショッピングモールやレストラン、いろいろな場所で目立つところにフィリピンの国旗が掲げてあります。
先ほど近くのジョリビーまで走っていってとってきました。朝なので光ってうまくとれない・・・
けど、この国旗は1週間くらい前に掲げられました


昨年も独立記念日の際にフィリピンの国旗について説明させていただきましたが、
今年もまた、フィリピンの独立記念日ということでフィリピンの国旗についてちょっと説明をさせていただきます

こちらの『フィリピン国旗』は1898年6月12日の独立記念日に合わせて作られたものだそうです。

左側の白地は平等・友愛・団結を表し、上半分の青地は平和・真実・正義を、
下半分の赤地は愛国心と勇気を表現しているそう。

白地の中の3つの星はルソン、ビサヤ、ミンダナオの3地方で、
太陽の8本の光芒はフィリピン独立運動に最初に立ち上がった8つの州
(パンパンガ、ブラカン、リサール、カビテ、バタンガス、ラグナ、タルラク、ケソン)を表しているそうです。

ちなみに、この国旗グッズ好きでなん点か集めたのですが、
最近日本人のお友達からなんとこんな素敵なピンバッチをいただきました


これ、いいでしょうとっても気に入っています

そしてSMモールでもこんなセールがはじまるらしいです

フィリピン留学/LSLCのブログ ラサール大学の新学期が始まります

2013/06/05

いよいよ、6月になりましたね
日本で6月というと『梅雨』のイメージがあると思いますが、ここフィリピンで6月といえば
新学期のスタートする季節3月から5月末まではラサール大学も夏休みでした

この期間3割くらいの生徒さんはサマークラスがあって通学していましたが
みなさん、制服を着ていないこともあり、いつもと大分雰囲気が違いました

特に5月最後の2週間は完全な夏休みなっていましたので学校内もとても静か・・・
ブックストアはOPENしていますが、フードコートも多くのお店が閉まっていたり、
お休みなんだ~っていう感じがしました

そしてラサール大学もいよいよ来週から再び学校が始まります
(公立の学校はすでに今日からスタートしているそうです)
ということで、こちら、ブックストアには、教科書や制服がたくさん並んでおります


制服がたくさん。こちらは、小学校、中学校のものですね。








教科書やノートも大量に積み重なっています


フィリピンの教科書についてはこちらをどうぞ-->フィリピンの小学校の教科書から学ぶ文化の違い (http://lslc79.blog.fc2.com/blog-entry-241.html)
もちろん、お土産に1冊購入することもできますよ

文具もたくさんならんでいます。


こちらはお菓子や日常品のコーナーです


このブックストア基本的な品揃えは変わらないですが、シーズンによって雰囲気が変わるので面白いです。
その時に必要なものを目立つところで打っているというかんじですね

今年も残すところあと半年です・・・新年に決めた今年の抱負をちょっと思い出してみて・・・
後半6ヶ月もがんばりましょうね

フィリピン留学/LSLCのブログ - 盛大な97歳のBirth Day

2013/06/05

こちらに来てから、いろいろなパーティーに招待していただきました
本当にありがたいことですいろんなパーティーがあるのですが・・・。
その中でも1番よくあるのはお誕生日会ですね

家族と親戚友達で30名前後くらいのもあれば、
100名~200名くらいを呼んで盛大にホテルなどで行うものもあります

親戚や知り合いが多いフィリピンは、こういう集まりにおいては規模が違いますよ。
しかも、たとえ、200名いたとしても誕生日の当人が面識があるのは
きっと100名くらいだと思います。知り合いの知り合い、親戚の親戚・・・なんでもありなのがフィリピン流です

私も今まで下は2歳からいろいろな年代のお誕生日に出席しましたが、
今回は・・・友人のおばあちゃん『97歳』のお誕生日会です

しかも、私の友人現在、仕事で日本へ行ってしまっていて、この日は不在。
私は面識のない彼女のおばあちゃんのお誕生日会にいきなり1人で参加しました。
私もずいぶんフィリピン人ぽっくなったな
もちろん、彼女とはもう長い付き合いで、彼女のご家族にとてもよくしてもらっているし、信頼できる友人です。

誕生日が行われたのは少し離れたSagay City..朝10時からといわれたので
ドミトリーを7時半には出発し、朝10時に到着したのに・・・まだ誰も来ていない
そうでした、10時といわれたら、始まるのは12時です
大きなお家の庭にはいたるところに風船、そしてポスターが飾られていて、ポスターも5種類ほどありました


すべての風船には文字が入っていて、来てくれた方に渡す、マグカップも用意されています。


彼女はこの盛大な誕生日会を毎年しているそうです


この飾り付けだけでも大変だっただろうな・・・と思ってしまいます。


そして、彼女のお孫さん、ひ孫さんに当たる方たち、約50名・・・
みんなこのバックプリントが入ったTシャツを着ていました。もちろんオリジナル!すごい気合ですよ。


そして、レチョンも合計4体・・・次から次へと焼きあがります。すごい量。


レチョンを焼く人と、観察する親子。


これは、貴重!焼く前のレチョンというか、豚。、そして、最後にはこんなに刻まれ食卓へ。


食事もものすごい量でした。ケーキも何個も用意されていました


食事が始まるころには大人だけでも100名以上はいました、ものすごい人でした


警察官から、市長さんから、また近所の人たち・・・
とにかく、誰でも参加できるパーティーなんです。フィリピンらしいですね

階段の下では子供たちへのゲーム。これ、この木にお菓子がぶら下がっていて、これを徐々に下げていき、
子供たちが飛びついてお菓子を取るゲームなんです


子供がたくさんいるからこそ盛り上がる

もちろん夜は、大音量と、ピカピカ光る電気を光らせ、ディスコに早変わり。。
歌と、ダンスがあればこんなにも幸せになれるなんて見習いたいものです

私も自分の母親が100歳になったら日本にいても、このくらいのパーティーをしてあげたいな~なんて思いました。
嫌がるだろうけど、大きなポスターをたくさん作って、孫たちにおそろいのTシャツ着せて、
とにかく、知り合いをた~くさん集めて!と妄想したとこで・・・
現実的に・・・日本でしたらすごいお金かかりますよね・・
やっぱりフィリピンに呼んで盛大にパーティーします

フィリピン留学/LSLCのブログ 歯が欠けて歯医者で8000ペソ・・・(涙)

2013/06/05

数週間前ですが、友達のおうちのパーティーで
ライスと一緒に小石を食べて大事な奥歯が壊れました

格好大胆にかけました1/3は割れました
パーティー中だったので、周りには大勢の人がいました・・・
石噛んで歯が割れた・・・って言っても周りのフィリピン人はあんまり反応がなく悲しかったです。
歯医者に行ってすぐ直るよ~なんていわれて・・。
ライスの中に石が入っているって、そんなに珍しいことでもないそうです・・・

そんなこんなでこの町で1番良いといわれる(かつ1番高い・・・)歯医者に行きました。
この歯医者さんは学校から歩いて3分のDANAマートの2階とロビンロンの中と2ヶ所にあります。


以前に生徒さんと一緒に行った時の様子はこちらで徒歩3分の歯医者さん(近代的バージョン)

機材もちゃんとしているから・・・安心できるけど・・・

実際に自分が行くとなると本当に憂鬱でした。

そして・・・壊れた奥歯の治療になんと8,000ペソ!!
かけた部分が広範囲かつ、サイド部分なのでカバーをかぶせたほうがいいよと。

銀歯なら2,000ペソらしいですが、白いかぶせ物にこだわると30,000ペソといわれ(75,000円!)
見えない内側だけ銀でつめて上から白いかぶせ物をすることで8,000ペソ(約20,000円)で可能だと・・・
仕方ないので、内側は銀に表面はホワイトを選びました。。。

石噛んだだけで2万円・・・ひょえ~ですよ。。。

この図で説明してもらいました。

で、フィリピンでごはんの中に小石はそう珍しくもなく・・・
みんなに、石を噛んだだけで、どうしてそんなひどく割れたのと散々聞かれ、
よほどおなかすいてたそんなに勢いよくかんだのどんな食べ方したのと質問攻めに・・・

そんなん知るか----という感じです悲しすぎます。
あえて、言い訳をすると、私が食べたのは白いライスではなく、Valenciana riceといって日本のお赤飯のように
ねちょ~としたライスです。だから、石が見えなかったのですよ。。。

ちなみに、今回割れたこの奥歯、実は日本で4年前に治療済み、
その時も 銀歯なら保険がきくので1本2,000円のところをセラミックにすることで
保険が適応されず1本4万円も払ったのに!
たった数年で日本のセラミックを再度削り、フィリピンのセラミックに交換です。
あああ・・・もう2度と石をかまないように再三注意をはらわないと

それにしてもフィリピンでの8,000ペソは本当にショック。
最近OPENした近所のサロンで、1時間のオイルマッサージを53回分。。。
大好きなフードコートのアボカドシェイク400杯分。。。

学校の食事では過去にこのような事件はないそうです
でも、みなさん、食べるときには落ち着いてゆっくり食べましょう

ちなみに、治療については、問題ないと思われます

海外で歯医者なんて恐ろしい~と思うかも知れないのですが、
この歯医者は今まで何人か生徒さんを連れて行き、安心してみてもらえます

でもできる限り、虫歯の治療は日本でしてきましょうね。
こちらでは、かぶせ物が取れた、親知らずがはえてきた等、急なトラブルに対応くらいでいてくださいね

フィリピン留学/LSLCのブログ マニラ空港ターミナル間のシャトルバスとフィリピン事情

2013/06/05

何かとイメージの悪いマニラ空港
こちらが世界ワースト空港に輝いてしまったこともある『ニノイ・ アキノ国際空港』です

私も日本からこちらの空港につくと気が引き締まりますね
かばんをその辺に放置しない。
知らない人にもらった食べ物は食べない。知らない人についていかない。。
という当たり前のことから、自分の腕時計以外の時計は信用しない。など、フィリピン独自の注意事項も

空港で普通にしていればいきなり殺されたり、惨事に巻き込まれることもないので安心してください。
空港内は警備がしっかりしています

しかし、一歩外にでるとそこは別世界。
空港付近で多いのがぼったくり。ひったくりではありませんよ。
ぼったくり。外国人からは金を巻き上げてやろう精神があからさまに伝わってくることも多々。
タクシーでぼったくられたり、よくわからない因縁つけられお金を要求されたり・・・

空港内は安全といえども安心できません。
決まりもあってないようなもの・・・液体物なんてまったくチェックしないでスルーかと思えば、
小型ナイフや、缶詰をスーツケースに入れていて没収されたとか、
空港職員の気分でルールが変わり、基準も曖昧なのも事実です

そして、この空港・・・やっかいなことに
ターミナルが4つもあって、利用する航空会社によって到着ターミナルが異なるんです。
例えば、日本からは最近人気のジェットスターに乗ってマニラに到着したとします。
そして、マニラからバコロドへの国内線は、セブパシフィックかフィリピンエアラインを使用したとします。

ジットスターはマニラのターミナル1に到着。
フィリピン航空はターミナル2、セブパシフィックはターミナル3から出発です。
国内線で、違う航空会社を使用する場合にはターミナルを移動しないといけません。
このターミナル間の距離が結構あるので、何らかの乗り物に乗らないと移動ができないのです。

タクシーという手もあるのですが、ターミナル間移動のシャトルバスが出ていて、これが非常に便利なので、
こちらを利用する人が多いです。20ペソで、定期的に出発しています。

しかし、このシャトルバスのタイムテーブルがちょっと曖昧だったので、
この機会に再度確認しようと空港のスタッフに聞いてみました。

まずは、日本からの便が到着して、荷物を1度ピックアップして、
その後すぐに預け、すぐ近くにあるカウンターのお姉さんに聞きました。
『24時間運行しています』とかなり自信満々で答えてくれましたが・・・
絶対それはないと疑い、『夜中の2時でも、3時でも走っていますか?24時間ですか?』としつこく聞きましたが
24時間です!と言い張るので、そうですか・・・と返事をしましたがやはり信じられなかったので


到着ゾーンをでて、すぐ正面にあるカウンターで再度聞いてみました。


すると、『朝から夜までです。』。
と・・なんとも曖昧な返答。
具体的に何時から何時までですか?とたずねると。『う~ん。。。。7時から10時までです』と。。
適当・・・怪しい・・・怪しすぎるけど、3名の女性スタッフが口をそろえて主張するので、そうですか・・・とうなずきながらも
そのまま直進し、シャトルバス乗り場まで行きました。徒歩1分くらいです。


そこで、たまたまバスが来たので運転手さんに聞いたら
『朝6時から夜の2時までだよ』と。。
乗り場にある看板にもそのように記載されているので現状ではこれが正しいのでしょう。


とはいえ、前後1時間ほどは許容範囲、いつ変わるかわからないのも事実信用なりません。
私は生徒さんの帰国時には必ず、この時間に運用しているようだけど、
何が起こるかわからないから、直接確認してくださいと念を押します。
結局ルールなんてあってないようなものなんですね。

まあ、こんな調子なんです。フィリピンって
日本では、間違った情報を教えるなんて絶対にしてはいけないことですよね。
でも、ここは日本ではないですからね。
フィリピンですから。これを受け入れられないと逆に疲れてしまします

さらに、フィリピンならではがもう1つ。このシャトルバスの運賃20ペソ・・・
ちょうどなくて、50ペソとか、100ペソを出すと、お釣りがないからという理由でくれないことが多々あるそうです。
このおつりがない!っていうのはフィリピンでは基本中の基本なんですが、
ないものはないんです。ないからくれないんです。
ということで、なるべく20ペソちょっきり用意するようにしましょうね

何かとスローなうえに、よくわからない問題がいきなり起こる可能性もあります。
この前はよかったのに~と反撃しても、
今日は今日です。明日は明日です。私は私です。
万時、みんなに共通するルールはありません

時間がないと、こちらもイライラしてトラブルになりかねませんから、
とにかく、時間に余裕をもつことが大事です

乗り継ぎ時間1時間で空港移動!
とか、そんな危険なチャレンジは絶対にやめてください。

前の便が少し送れて、荷物がなかなか出てこなくて、係員はの~んびりしていて。荷物検査が遅くて・・
そうこうしているうちに飛行機に乗り遅れた・・・なんてことがないように
とにかく、時間と心に余裕をもってが大事です

マニラ空港に着いたとたんに身をもって感じるWelcome to the Philippines!

私もバコロドにすんでいると平和ボケしてしまって、マニラに行くときは別の国にいくような感じがします。。
もちろん、マニラにもいい人はたくさんいると思いますよ
でも、実際に、ぼったくられたり、空港でお金を盗まれたりしている人もいるんです。
ここは、フィリピンに来たというより、日本ではない国、海外に来た!と
気持ちを一瞬にして切り替えることが重要ですね

いきなりバコロドにくると、気持ちの切り替えが難しいかも知れないので、
評判の悪い、マニラを経由し、気をはりるのはいいかもしれません!

睡眠強盗にあったとか、トランプ詐欺にあったとか、実際ありますが
話を聞くと、空港付近で出会って親切にされてので、そのまま家についていった!とか
日本でも、知らない人に声かけられてそのまま家についていくなんてないですよね
日本でしないことを海外に来たからといっていきなりしてはいけません
好奇心がわいても、1番大切なのは命です

日本にいるときと同じことを確実に守り、
海外にいることを常に忘れなければそんなに危険な目にあうことはありません

どうしても、このターミナル移動をしたくない!というかたは
日本からバコロドまで同じ航空会社を利用するようにしてください
国際線、国内線共にセブパシフィック、もしくはフィリピン航空でしたら、ターミナル間の移動もありませんよ

それから、空港でももし、何かわからないことがありましたら私の携帯にご連絡ください
爆睡していても電話だけは24時間即座に出る自信があります(笑)

記事一覧

No Title Date
16 フィリピン留学/LSLCのブログ - 6月12日の祝日とフィリピンの国旗! 2013/06/05
15 フィリピン留学/LSLCのブログ ラサール大学の新学期が始まります 2013/06/03
14 フィリピン留学/LSLCのブログ - 盛大な97歳のBirth Day 2013/05/31
13 フィリピン留学/LSLCのブログ 歯が欠けて歯医者で8000ペソ・・・(涙) 2013/05/29
12 フィリピン留学/LSLCのブログ マニラ空港ターミナル間のシャトルバスとフィリピン事情 2013/05/27
11 フィリピン留学/LSLC -フィリピン留学フェア2013参加報告 2013/05/24
10 フィリピン留学/LSLC-洗濯物について(返却編) 2013/05/21
9 フィリピン留学/LSLCのブログ 17-18日西新宿☆『フィリピン留学フェア』に参加します 2013/05/14
8 フィリピン留学/LSLCのブログ 洗濯物について(出し方) 2013/05/09
7 フィリピン留学/LSLCのブログ 5月13日選挙のため祝日です 2013/05/07
6 フィリピン留学/LSLCのブログ シパワイ(sipaway)島③ San carlos →Bacolod 2013/05/03
5 フィリピン留学/LSLCのブログ スピーチコンテスト&レベルチェックテスト 2013/05/02
4 フィリピン留学/LSLCのブログ 5月1日祝日&1~4日School Trip(Boracay) 2013/04/30
3 フィリピン留学/LSLCのブログ 部屋のいすについて 2013/04/29
2 フィリピン留学/LSLCのブログ 寮内の売店 2013/04/26
1 フィリピン留学/LSLCのブログ Dear Titaについて 2013/04/25
1 1/1