フィリピン留学の特徴と概要

学校資料請求メール相談 (お問合わせ)カウンセリング予約入学申し込み
フィリピン留学概要


フィリピン留学とは

なぜフィリピンなのか?


近年 フィリピン留学は、格安留学の穴場として注目されています。
フィリピンは世界で3番目の英語公用語国です。
マンツーマンレッスンなど質の高い授業や留学費用の安さなどで効果的なレッスンを受けることができます。

フィリピン留学、それは英語留学業界の革命!

英語を格安「マンツーマン」で学ぶことができる環境は世界に多くありません。
フィリピン留学は、今まで欧米への語学留学ではコストや時間の関係で実現しにくかった「マンツーマン」のレッスンで
自分のレベルに合わせた段階から 英語をより多く聞く、多く話す事を実践出来ます。
グローバルに通用する人材を目指して、まずはフィリピンで英語力を鍛えませんか。

フィリピンは多くの島が集まって作られている国です。
セブ島、マニラ、ダバオ、バギオ、イロイロ、バコロド、マニラ近郊など 語学学校は、主に7~8所に位置してます。
地域によって気候も様々で、集まる学生、学校の運営方針も異なります。



フィリピン留学の魅力

1. 授業はマンツーマンが中心

フィリピン留学の魅力的な特徴として、ほとんどの授業はマンツーマンになっていることです。そこには、講師と生徒が一人ずつ、思う存分話せる環境があるのです。
話せる環境というより、「話さざるを得ない環境」という方が正しいかもしれません。
マンツーマンレッスンを格安で受けられるフィリピン留学で 「話さざるを得ない環境」を活かし、
なによりもまずはスピーキング量を大量に増やすことができるのです。


2. 費用が安い

フィリピンの物価は日本の3分の1以下です。例えばタクシーの初乗りが40ペソ(約80円)など、生活滞在費のすべてが非常に安いのです
ですから 欧米留学と同レベル、それ以上の授業を 欧米留学に比べ、非常に安く受ける事が出来ます。
1か月およそ12万円!、料金のなかには、授業料、寮滞在費、食事(朝昼夜)、掃除、洗濯、すべてが含まれます。



3. 授業時間が長い

欧米の英語留学の場合、授業は、一日平均4時間ですが、
フィリピンの学校は、最低6時間。多い学校は11時間、ずっと英語漬けの勉強が出来ます。
欧米留学では、午後1時ごろ授業が終わると一人で勉強したり、留学生同士の遊びに行ったりが平均的な環境ですが、
フィリピン留学では 平均8時間ずっと授業で先生と英語の勉強をすることが出来ます。
とにかく、留学期間に少しでも多く、長く授業を受けたい方、
短期留学で短い留学期間により多くの授業を望む方には、特におすすめです。



4. 授業に集中できる環境

フィリピン留学は、基本、寮生活(ホテル併設校有り。ホテルのお部屋を寮として使用も可)
通学時間を省くことができ、その分の時間も勉強時間に使うことが可能です。また、掃除・洗濯・料理もすべて学校側が行いますので、勉強にだけ集中できる環境が整っています。



5. 英語を使う機会が多い

アジア唯一の英語圏であるフィリピンは、世界で3番目に英語を話す人の多い国といわれ、留学で生きた英語を話すにも最適な環境です。



6. 事前のビザ手続きが不要

フィリピン留学は欧米圏への留学と異なり、ビザの申請は不要!
入学校の手続きと宿泊施設の手配、飛行機チケットの手配が整えば、すぐに出発することができます。
思い立ったらすぐに留学できるメリットがあります。



7. ゴルフ・マリンスポーツが楽しめる

休日は近くのリゾート地やビーチでゆっくりリラックスしたり、マリンスポーツを楽しむことが出ます。緩急をつけやすく、勉強疲れもリフィレッシュできます。



8.リゾートが近い

フィリピンの中でも、セブ島はリゾート観光地として、日本人にとって人気の高いエリアです。セブ本島につながるマクタン島へは日本からも直行便が出ています。
セブ島付近は、語学学校が集中している地域で、ショッピングモールもあり、生活にも便利です。
その他の地域も世界的に有名なリゾートが多く、すぐ目の前に碧い海を望むことが出来、
のびのびとした環境で集中した学習が出来ます。



フィリピン学校の特徴

・学校と寮と食堂が一緒になっている一体型システムになってます。
 寮の生活には洗濯と掃除も無料で含まれてます。
・授業、寮、3食含めて約12万円/月の格安留学です。
・短期集中留学(2~4週間程度)でも英語力習得が可能な仕組みになってます。
・マンツーマンが中心で一日7~8時間授業のうち4時間以上マンツーマンが
 普通です。
・多くは外資系資本で設立、運営されてます。
・留学校の多くが、リゾートの近くに位置しています。



フィリピン留学の主なコース

ESL(一般英語):日本で普通の英語塾で学ぶ、総合的に英語力を向上する一般英語コース
TOEIC対策:就職・転職に最適な決め手、就職・転職に備えた英語力アップ
TOEFL対策:外国語としての英語のテスト。アメリカ留学徹底対策
IELTS対策:イギリス、オストラリアなどイギリス英語圏留学資格試験
ジュニア留学:将来を見据えた9歳~15歳のお子様だけの単身留学
親子留学:親御さんとお子様、両者が勉強出来るプラン
シニア留学:将来、海外移住やロングステイを目指すシニア向け英語プログラム
ビジネス英語:最強のグローバル人材に!

 ※平均、授業時間は7~9時間 その内、マンツーマン授業は3~4時間です。



フィリピン留学の費用

学費は欧米留学の3分の2の費用、学習時間は約2倍!
フィリピンの物価は日本の3分の1以下で非常に安いので
その物価の差から留学費用は欧米留学の3分の1程度に抑える事が出来るのです。



学校選びのポイント

フィリピン留学において、留学を成功させるために、学校選びは、大変重要です!
学校を決める前に、自分の留学目的に合った地域と学校を探すのがポイントです。
では、どんな基準で学校を探せばいいのでしょうか?


まず、自分の留学目的は?

1.旅行、ボランティア、国際交流などの体験を通して会話重視の英語をメインに勉強したい。
2.授業もしっかり、アクティビティも楽しめる留学がしたい。
3.TOEIC, IELTS, TOEFLなど試験対策を重視に勉強したい。
4.ビジネス英語などグローバル人材育成プログラムで英語の知識を身に付けたい。



<学校選択の基準>

1.地域を選ぶ

・日本からのアクセスや地域ごとの気候を考慮して地域を選ぶ。

2.学校スタイルの選択

・自分のペースで一歩一歩着実に習得する?
・短期集中、厳しい学校のルールで集中して習得する?
・授業スタイル(マンツーマン、グループレッスンの1日時間数)

3.信頼できる学校なのか。

・講師・授業の充実度は?(ネイティブ講師の有無、講師も寮制か)
・日本人のスタッフがいるか?
・他の語学学校にはない魅力はあるか?(学校の規模、食事の質、寮の施設、充実なプログラム)






※無料カウンセリングで、より詳しくご紹介いたします。


メール相談    info@philryugaku.jp

お気軽にお問い合わせください。

フィリピン留学概要