C21のフィリピン留学体験談

学校資料請求メール相談 (お問合わせ)カウンセリング予約入学申し込み
  • C21 シートゥウェンティーワン

    C21 International Language School

  • 機会を見つけ、再度訪問したいと思います。

    2010年5月10日~15日 C21にて、一週間の短期語学留学に参加させていただきました。初めてのフィリピン訪問、初めての海外留学を、緊張や不安と同時に充実した経験と楽しい時を過ごすことが出来ましたので、報告させていただきます。

    今回は、本人が「セブ島への1週間留学してきた」との紹介を受けたのがきっかけとなり、“フィリピンへの語学留学”に興味を持ちました。一回 / 一週間のペースで駅前留学をしておりますが、以前より短期の留学を経験したいと考えていたことと、会社の制度として、一週間のまとまった休暇が取得できましたので思い切って参加した次第です。

    どうせ行くなら、周りには日本人がいない環境で勉強してみたい、また、首都であるマニラを訪問してみたい、直行便にてアクセスが良いことなどから、訪問先にマニラを選びました。ここでは今回の訪問先であるC21の教育システム、寮生活について紹介します。

    ■“C21”の教育システム
     レベルに合わせて、一日6~7コマの授業を受講します。初日に三時間程度のレベルの確認テストがあり(リスニングはTOEICとCNNニュースの聞き取り、リーディングはTOEICと文ポン問題、ライティングは自分についての作文、スピーキングは面談と写真を見て物語を作成)、一週間の受講プログラムが作成されます。グループレッスンでは写真を題材にストーリーを作り発表し合ったり、ディベート形式で様々なテーマについて意見交換をし、韓国からの留学性や先生方と情報交換ができ有意義でした。またマンツーマンレッスンでは、テキストを使用したレッスンや、発音のレッスン、日本での仕事の話や日本とフィリピンの結婚観や宗教、医療保険制度に関する話題などを取り上げ、フリーディスカッション会話を実施しています。
    長期の場合は定期的に試験があり、より上位のクラスにランクアップしていきます。井週刊単位で参加クラスの見直しがされます。

    【寮生活】:英語寮2(学校より徒歩3分ほど)
    生活面では、英語のみ使用可の決まりを持つ、英語寮の一人部屋に滞在しました。50㎡程度の広い部屋に、勉強机・ベット・テレビ(DVDプレイヤー)・エアコン・シャワー・トイレ、3食(韓国料理、フィリピン料理)の環境です。英語講師との同質も選択可能で、この場合一人の先生に2-3名の生徒が同質にて24時間共同生活をすることになります。韓国からの留学生は、このような環境で3ヶ月勉強し、次のステップとしてアメリカやカナダへ8ヶ月程度語学留学し本国へ帰るのがスタンダードでした。学校でレッスンをしている講師の先生方も一緒に寮生活しているため、夕食後も英語による追加授業や質問対応など実施されております。夕食時に「0時に部屋に訪問していいですか?」等、質問のためのアポイントを取っている生徒が多く見受けられます。「24時間英語漬け」のC21のコンセプトが効果的に機能しています。食事は毎食、韓国料理を中心に、複数の副食が用意され、好みに合わせて取り分ける形式です。非常においしく頂きました。

    【その他】
    最後に、フィリピンの先生方、一緒に勉強させていただいた韓国からの留学生のみなさんについて、触れたいと思います。今回、日本人一人の環境の中、皆さんには暖かく迎えていただき感謝しております。フィリピンの先生方は、大変丁寧に授業を展開していただきましたし、韓国人学生の方たちもいろいろと気をかけていいただきました。
    常に、こちらから挨拶をすることや、声をかけることが重要だと思います。また、「日本ではどうなの?」と質問を受けることが多く、日本(文化・スポーツ・アニメなど)について説明出来るよう準備しておくと、さらに良い関係作りが出来ることと思います。最終日には、年に1回の運動会に参加でき、その時、グループレッスンのメンバーが送別会を企画してくれました。機会を見つけ、再度訪問したいと思います。


    期間:2010年5月10日(月)~15日(土)
    訪問先:C21 LANGUAGE INSTITUTE(Quezon City Philippines)
    滞在:英語寮

  • とても楽しく、興味深い見学でした。

    フィリピンでも有名なテレビ局、日本で言うNHKくらい有名なテレビ局のABS-CBNに見学に行って来ました。
    テレビ局のスタッフの方が、ガイドして下さって、複数のステージ裏や、ニュースやラジオの収録現場を見学させて頂きました。私も実際に現場でニュースキャスターの体験をさせていただきました。たくさんのカメラと照明に囲まれながら、とても貴重な体験をしました。テレビ局を見学している間に、たくさんのフィリピンの有名人に会うことができました。
    私たちは彼らをまったく知らないけど、有名だと聞いて、とりあえず一緒に写真を撮らせてもらいました。
    みなさん快く、笑顔で承諾して下さいました。とても楽しく、興味深い見学でした。

  • 何よりもC21で出会ったみんなと別れるのが悲しいのだ

    今、私は最悪の気分でフィリピンを去ろうとしている。
    暑いし、雨季だし、虫が多いし…。
    しかし、本当のところは、そんな大した問題ではない。
    そう、何よりもC21で出会ったみんなと別れるのが悲しいのだ。
    私はこの学校に2ヶ月通った。たった2ヶ月でももちろん英語力は伸びたし、それ以外にも多くのことを学ばせてもらった。
    2ヶ月前、ここに来たとき、Englishというスペルが書けるか危ういくらいの英語能力だった自分は、果たして、先生と会話できるのか、英語しか使わない環境で友達はできるのか、フィリピンで暮らして行けるのかなど、いろんな不安と恐怖が入り混じっていた。
    しかし、今、振り返ってみると、そんな不安を抱えた自分が可愛らしく思えるくらい無駄な心配だった。それも全てC21のおかげだ。
    まったく、英語が分からない自分に一から丁寧に教えてくれる先生たち。意見を述べるとき、どんなに時間がかかっても、嫌な顔一つせず待ってくれる。勉強のことだけでなく、生活の面のケアーもしてくれるし、いろんな相談にものってくれる。先生というよりは兄や姉のような、とても大きな存在となった。
    友達の多くは,韓国人なのだが、みんな優しく話しかけてくれるし、とても親切な人ばかりだった。フィリピンに来たはずなのに、何故か韓国が大好きになった。
    こんなにもフィリピンを離れるのが、寂しいと思わせてくれたC21には、どんな言葉で表現しても言い表せないくらい、とても感謝している。ありがとう。そして、次に会える暇で…。Good Bye!

  • C21に1ヶ月間短期留学を行いました。

    今回転職をすることになったのですが、次の職場で英語が必要となり、入社前に英語力を向上させたいと思い、C21に1ヶ月間短期留学を行いました。
    C21はEnglish only policy ということで、学校でもドミトリーでも24時間英語漬けの環境に身を置くこととなりました。

    生活の中のあらゆるシチュエーションで英語を話したり理解しなければいけなかったので、1ヶ月間という短い期間でしたが、英語力を格段に向上させることができたと思います。
    また、私の次の職場ではTOEIC730点が昇進条件となっていたため、TOEIC対策をしたいとスタッフや先生方に相談したところ、通常のカリキュラムから即日授業をアレンジしてくれました。
    模擬試験の結果を分析し、マンツーマン授業で徹底的にウィークポイントを改善していく、というやり方でした。もちろん授業内容はかなりハードでしたが、ホスピタリティ溢れる先生ばかりなので、楽しみながらみっちり勉強ができました。
    その甲斐あって、留学前に600点だったスコアが、帰国直前に現地で受けた本番の試験で795点まで上がりました。

    まさか1ヶ月間でここまで英語力が上がるとは思っていませんでした、C21の先生、スタッフの皆さんが最大限協力してくれたお陰だと思っています。
    生徒数70名ぐらいの小さな語学学校なので、アットホームな雰囲気で、一人一人の生徒に親身になって協力してくれます。
    卒業式でも盛大に送り出して頂き、英語力だけでなく最高の思い出が手に入れられました。

  • C21での学習は大いに刺激を受け充実した2週間だったと思っています。

    私のマニラでの滞在は2週間の短い期間だったので、今ビジネスマンで検討されている方には多少なりとも参考になればという観点で記述しました。私がC21を選択した最大の理由は、月曜日から授業を行っていること、夜間にもディスカッション等の授業が行われるところです。フィリピンでは週の授業開始が火曜日の学校が大半です。


    寮のスタッフには、C21の先生方、マネージャー(学生が兼務しているのが特徴的です)、食事・掃除・洗濯等の家事全般をお世話してくださる方々がいます。食事は3食が韓国料理、掃除は週1回、洗濯は週2回、門限が12:00で、厳しいルールが特にはなく時間・挨拶・身だしなみ等の規律面で比較的厳しく教育されている日本人にとってあまり窮屈さはないでしょう。

    そして、自分の寝泊りをする部屋では、2~3人の人たちと同居し、必ずC21の教師一人と生活を共にすることになります。私の場合は英語学習をしている時間以外はほとんど仕事をしていましたが、同居の先生は気さくで優しく気配りをしてくれました。しかし、別の難点がいくつかありました。蚊がよく部屋に入ってきて刺されました。虫よけや虫刺され用の薬を持参、もしくは購入することをお勧めします。ショッピングモールに行けばもちろん購入可能です。週に1度送迎してくれるようです。

    もう一つの難点は、これは私の使用した部屋に限ってのことかもしれないのですが、過去の学生の遺物と思しきものが多く残され、整理整頓がやや不十分となってしまいました。日本で言うなら、広めのワンルームタイプのマンションに2~3人で入居する感じなので、効率的にスペースは使いたいところです。しかし、様々な不便さもすべて受け入れて楽しむことで、このフィリピンでの生活を充実させるための一つの方法なのかもしれません。

    初日の学校では、プレイスメントテストを受けてレベルチェックが行われた後、ショートストーリーテリング、会話、リスニング、リーディング、等の履修授業が確定し、その他ガイダンスや手続きの後、初日を終えました。

    授業は9:00~16:00までの5コマ各50分で、16:00~17:00をライティング(添削あり)の自習授業に充てました。一つの授業あたりの受講者数は概ね1~4人で教師の目が届きやすく、質問がしやすく、また授業が効率的に進行し、これは他の大型の学校よりも効果的かもしれません。他の学校は100分単位の授業を行うところもありますが、少人数制だからかもしれませんがC21は50分単位で行われています。

    短いと感じるときや各授業の合間の10分間の休憩時間がやや無駄にも思えるときがありますが、その反面メリハリがついて良いのかもしれません。また、20:30~、22:30~の2コマ1時間ずつ、各部屋に2~4人ずつ分かれて教師とグループディスカッションがあります。朝から夜までの英語漬けとなりました。

    週末は、滞在2週間の真ん中にあたる金曜日から日曜日にかけて、Manilaの歓楽街Malateにバーやカジノを経験するために出かけました。その地域に詳しい友人と行動を共にしたので安心でしたが、夜はかなり危険な地域のようです。

    2週間を振り返ると本当に時間が経つのが早く、私の場合今回の滞在において、週末を除いて学習時間以外はほとんど部屋で仕事をしていました。よって、英語学習にもっとどっぷりと浸かりたかったというのが正直なところです。2週間という短い期間でしたので、どの位上達したかは会社に戻ってネイティブスピーカーとの会話を通じて試してみたいと思います。

    私は日本での英語学習が停滞していてあまり充実感がなかったため、今回のC21での学習は大いに刺激を受け充実した2週間だったと思っています。

    フィリピン英語は、イギリス英語やアメリカン英語のどちらでもない等と言われ揶揄されることもありますが、教師の皆さんもトレーニングや他様々な取組をしてスキルアップに努めていますし、欧米の英会話学校にないメリットも大きいと思います。何よりも費用対効果が大きいと思います。距離的にも5時間弱で日本から来られるので、機会を見つけてまたブラッシュアップに足を運びたいと思っています。

    最後に、お世話になった寮のスタッフの皆様、C21の教師・スタッフそれから生活を共にしてくださった学生の皆様にお礼を申し上げます。皆様の今後のご多幸をお祈り申し上げます。

  • ここでの留学体験は、貴重な経験になりました。

    ここでの留学体験は、貴重な経験になりました。
    僕がとても魅力的だと思ったのは、学校内の雰囲気です。先生たちが本当にいい人たちで、人間的で、とても親しみが持てました。そんな先生がたくさんいるので、全体がとても明るい雰囲気でした。
    マンツーマンまたは少人数制で、質問したいときにすぐ質問ができ、また学生一人ひとりに多くの時間を割いていただけたのが、英語のアウトプットの上達につながりました。

    寮について…
    多くの同志や先生と共に生活し、英語の環境に浸ることができるこの環境は、自分の国で勉強していては得ることのできない環境です。スタディルームも整備されており、自分の意思どおりに勉強することができました。
    あと、c21で制作する映画に出演させて頂き、一生の思い出となりました。高校のときの文化祭を思い出しました!映画によって新しい絆も作ることができ、さらにこの学校が好きになりました!

    たった1カ月でしたが、貴重な期間でした。ありがとうございました。

  • 英語を話すことに抵抗がなくなりました!

    将来海外で働きたいという夢とアジアに興味があり、マンツーマンの多さにひかれフィリピンを選びました。マニラを選んだ理由はセブなどリゾート地ではなくてフィリピンの文化も体験したかったからです。マニラの中でもアクティビティの充実しているC21を選びました。私は英語を人前で話すことが苦手でしたが、マンツーマン授業では話さないといけないので、とにかくまずは文法を気にせず話して話すことに抵抗がなくなりました。マンツーマンはフィリピン留学の魅力だと思います。生活面でも、24時間のコンビニなどもあり、不自由はあまりないです。

学校資料請求メール相談 (お問合わせ)カウンセリング予約入学申し込み

学校紹介

コース別学校

コースで選ぶ